Nori@フリーすぎる旅人

Nori blogでは、1人でも多くの人に勇気や力になれる記事を書いていきます。社会的な悩みやお金についてなどの解決策、自分の夢へのフォーカスの仕方などのいろんなトピックについて書いていきます!ブログだけでなくSNSなどでも発信してるのでよかったらフォローお願いします!!

ゲストハウスで日本人と外国人への接客の違いとは!?

 

こんにちは!Noriです!

 

ゲストハウスに宿泊した時に、安い値段で朝食が付いてるところは本当に良いですな〜

f:id:nori0205:20180614182956j:plain

貧乏な私には天使の施しと言ったところですかね!笑

 

しかし、朝食が付くのは誰もが嬉しい事だと思うので貧乏は関係ないですね。。笑

 

 

前回の記事ではゲストハウスを開業する人が増えてきているので自分がゲストハウスを立ち上げ当初から働いていたので、得た経験やスキル・ノウハウを後悔して一人でも多くの人の力になりたいので書き続けます!

 

 

今日の記事もゲストハウスネタです!

・「ゲストハウスで求めるスタッフの性格特性」

・「日本人と外国人への接客の違い?」

 

この2つのネタについて書きます。               

 

 

 

 

ゲストハウススタッフでの求める性格特性

 

ゲストハウスのスタッフはどんな人柄であるべきなのか。。

 

皆さんはどういう人だと思いますか??

英語が完璧に話せる人?、ビジネス思考で頭がキレる人?、

 

英語が完璧に話せたり、仕事の効率が良かったりっていうのは誰でも伸ばせるスキルなので、そこを最初に重視する必要はないですよね。

 

 

人間の本質的な部分です。

スタッフに求める大切なものはホスピタリティ」です!

 

これは人の性格にかかわる一面なので、簡単には変える事ができません。

たったの数日で心変わりができてるなら、日本の社会はもっと人に気配りをする事ができて、仕事で過労死や職場いじめなんてものは起こらないと思います。

 

 

少し悪い例え方をしてしまいましたが、

ホスピタリティ」というのは、持って生まれた才能の一部のようなものです。

人によって絶対に同じところを同じような考えを持つことはないですし、これが使い方によってはすごい武器になるからです!

 

スキル等はその人のやる気次第ですぐに伸ばすことが可能です!

 

なのでスキルは云々、まずはお客様の為に良いサービスをできるかが問題ということです!

 

 

ニュアルはいらない??

 

 

ゲストハウスの接客は、ただサービスができれば良いものではなく、コミュニケーションも出来るに越したことはありません。

 

 

しかし、話が盛り上がるとついつい壁がなくなってしまいお客様とハメを外しすぎてしまうことや、仕事をサボりがちになってしまう人もいます。

 

 

そこでポイントは、マニュアルほどではなく、いくつかの注意事項を作っておくのが職場を窮屈にさせないコツでしょう!

 

 

職場のスタッフで1人くらいは良い意味でハメを外してしまう人がいても悪くはないかもしれません。笑

 

 

僕が思う理想の職場は8:2の法則です!

例えば、10人中2人以下の社員が仕事をサボって、他の8人の社員は働くような職場です。しかし、ずっとサボっているわけではなく、仕事合間に休憩を挟むのが上手いということです!

 

 

全員がずーっと仕事をしていても、

中には、ゲスト同士でなかなかコミュニケーションが取れない人もいるので、

そこまでしっかり目を配れるのがホスピタリティのある接客とも言えます!

 

 

そこでサボり上手な人に、お客様同士コミュニケーションを取れるように自分が間に入って仲介して、互いに話が続くようになったら仕事に戻るなど。

 

モノは言いように限りますね。笑

 

 

スタッフは表と立つ人と、裏で作業をする2つのポジションに分けるのも肝心!

 

バランスの良いチーム構成をして、より良い雰囲気を出せるゲストハウスに近づけるようにしましょう!

 

 

ゲストハウスでの日本人と外国人の接客の違い

 

僕がゲストハウスで働いてた頃に感じだ事なんですが、日本人と外国人での接客は全く違う事に気付きました。

 

 

何かと日本はクレーム文化があるので、ゲストハウスをホテルのサービスを同じように考えて利用するお客様もいるので、まだまだゲストハウスの認知度は低いという事ですね。。

 

そこで接客の注意点についていくつか挙げていきます。

 

 

日本人への接客と考え方

 

 

日本人への接客方法は世界で1番難しいと言っても過言じゃありません。

ゲストハウスはホテルほど設備が完備されているわけではないですし、

二段ベッドの所がほとんどで、「上に登るのがめんどくさい」などの言葉が来ることは少なくありません。

 

 

女性の方や、高齢者などには特に気を使って、下のベッドを提供するように配慮したほうが良いかもしれません!

 

 

そしてゲストハウス館内の説明をする時も、全く聞かないお客様もいて、後からまた聞きに来る人も少なくないです。表情を確認した上で説明は省いた方がいいですね!

 

 

「何か質問はありませんか?」と最後に言えば、勝手に質問してくるので慣れれば時間短縮に繋がります!

 

 

 

 

外国人の接客の場合

 

 

外国人客と接客する場合には、チェックイン時の説明の時にある程度の雑談を混ぜると、出入りする時にも話をかけに来てくれたりなどして、コミュニケーションを取りやすくなります!

 

 

僕が働いてたゲストハウスでは一階で、飲食店も併用してやっていたので、外からの飲食目的で来たお客様とのコミュニケーションも取れて、現地の人とコミュニケーションできたと満足するゲストも多くいます!

 

 

日本人と外国人の旅行をする目的は全く異なり、それを理解することができればスタッフ側の仕事は簡単に的を捉えることができます!

 

 

日本人の場合はリピート率も考えて、

色々な種類のお客さんがいますが、気に入ってもらえればまた来てくれることも少なからずあるので、その人に伴った接客をするのが望ましいでしょう!

 

 

 

コミュニティの広げ方

 

コミュニティの広げ方について話します!

 

ゲストハウス内で、または飲食店などを併用していて、ゲスト同士や外からのお客さんとのコミュニティを作って、「ここのゲストハウスは盛り上がってるぞ!」と見せるのなら、週末にイベントだったり、日本の文化や伝統的な何かを経験できることをどんどん開催して言ったほうがいいです!

 

f:id:nori0205:20180614192344j:plain

 

これを参考に考えてみてください!

 

楽しいと、今の時代はSNSにアップして世界中に知らせれることもできます!

そして、泊まったゲストの友達から伝って来ることもあります。

 

コンセプトがないのなら、コミュニティ作りを目的としたコンセプトのゲストハウ

スも面白いですね

 

 

イベント系なら、人を集めるのは無料なのでトライし続けることが大切でしょう!

 

 

 

 

 

中から輪を広げていく

 

最後に、

最近ではデザインが珍しいから雑誌に取り上げれるゲストハウスを度々目にしますが、

結局は中身が良くなければ、ゲストハウスではなくホテルとゲストハウスの中間地点になってしまいます。

 

特に都内においては、デザインを重視している所が多いでしょう。

最近はAIとコラボしたゲストハウスも出てきました!

 

個人的にはすごい興味があって、すごいコンセプトで差別化も図れてると思います。

しかし、初心に帰ることを忘れずに!

 

人がコミュニティを作って、アットホーム感のあるゲストハウスを作っていけば、日本の観光産業が衰退するまではやっていけると思います!

 

 

では今日はこの辺で終わりにします!

 

何かご質問がある方はコメントかTwitterからDMを!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

}