Nori@フリーすぎる旅人

Nori blogでは、1人でも多くの人に勇気や力になれる記事を書いていきます。社会的な悩みやお金についてなどの解決策、自分の夢へのフォーカスの仕方などのいろんなトピックについて書いていきます!ブログだけでなくSNSなどでも発信してるのでよかったらフォローお願いします!!

自分と他人を差別する方法!!

 

 

 

 

こんにちは!Noriです!

 

 

約3ヶ月前くらいには「エストニアにいく!」

なんて事を言ってましたが、色々と話が変わってしまいました。

 

 

結局ネパールに戻って来てしまいました。

発展途上国でしか感じれないものがあることを知ってるからでしょう。

 

 

 

国によってモノの価値観は違い、「どこの国が良かった」と聞かれても答えることはできないです。国によって文化が違うということは人間性も生活の仕方も全く違います。

 

 

行った人の視点、思考、目的が一致しな限りは同じポイントには気づけないと思います。足を運ぶ国が同じでも、見る場所が違かったり、モノの捉え方が違うので意見を股間し合うのは楽しいですね!

 

 

実際、そこの国の印象が良い悪いが別れるのは、結構些細な事なのです。

 

 

どんなところに行っても現地の人などと仲良くなれば、行った国の印象は勝手に良くなり、「良い国だったからもう一回行きたい」と思える。

 

 

 

自分は基本1人で旅をしますが、1人より人数が多い方が旅も楽しくなりますし、ご飯も美味しくなるります。

 

 

もし本当に行きたいなら自分がどういう事をしたいのか、知りに行きたいのか、どうすれば価値観を変えてくれるのかを自分で見出すことが必要なんですよね。

 

 

それがわからないなら途中で見つけるのも良しです。

 

 

日本では、小さいビジネスですがビジネスには変わりないので営業と宣伝。初めてのことがほとんどですが、楽しみで待ち遠しいです!

 

 

自分という人間をどこまで伝えることができるて、自分に価値を見出せるのか。

 

 

自己流に自分の価値を見出だしています!これから就活生の方や、プレゼンテーション等に使えるのは間違いないです!

 

 

 

 

最初に必要なのは自信の伝え方!

 

 

まず、何をするにしても必要なのは「自信!!」

自分に自信を持つ事が必要!

 

 

自信があるかないかは相手に伝わるんですよ、言葉では大きい口を叩くとか、上から物事を言う以前の問題です!

 

1つ目に自分の自信(覇気)を相手に伝えるのに必要なものは、「目力」です!

 

人に何かで会った時に、目が生きてるか死んでるかでは最初の印象がガラッとかわります。

 

 

目力だけで「お!こいつはできる!」と相手に思わせれれば、自分のフィールドに相手を引き摺り込む事に成功です!

 

 

圧倒するんではなく、溢れ出ない程度に程よく。自分で自分という1人の人にワクワクするのが必要です!それが必然と目の輝きに出るんです!

 

2つ目は「姿勢」です!

 

これは自身というより、目線を相手と同じに保つために大事なことです。

絶対にどんな人でも相手の目より下から話さない!下手に出る必要なんて全くありません!

 

 

もし下手に出てしまうと相手のフィールドに引きずり込まれてしまってる証拠です。

自分という地球上に1人しかいないあキャラクターを相手に伝えるのには「目力」で引き込んで「姿勢」で自分のフィールドを作ってください!

 

 

 

3つ目は謙譲語は使わない。

相手と話している時に下に見られないように同じ立場だと思わせるため。

 

 

これを意識するだけでグッと変わってきます。

 

 

自分もこの2つに意識するようになってからは、初対面の人に「良いオーラ出してるね〜!」とか「何かやってるの?」など、相手から自分に興味を持ってくれることができました!では次へ。。。

 

 

 

 

自分の体験談をエピソードに!

 

 

これは自分に価値を出すために最も必要ことです!

 

「自分に価値を出すなら、普通の人がやらないことをやるべきだ!」

 

この言葉はTwitter などで良く見ますね!

 

 

「普通の人がやらないことではなく、普通の人がしない伝え方をしろ!」

 

 

 

最近は、普通のことをやらない人が多くなっているのは確かです。時代が進んで就職せずに、フリーでお金を稼ぐ人などたくさんいます!

 

 

そこで目立つ人、売れる人は自分という人間をネタに物語にできているということです!

 

 

 

 

 

就職活動をする時には、めちゃくちゃ人数がいる中から限定的に引き抜かれますよね。

勝負は面接です!合否を決める人達に自分をアピールできる時間が設けられるわけです!

 

そこで意識して欲しいのが、

なぜ自社を選ばれたんですか?的な事を聞かれたら、自分の体験談に置き換えて話す事です!

 

 

自分がバックパックで得た経験を面接で使うなら、、、、

 

 

「私は、今までに約30カ国にバックパッカーとして訪れました。発展してない国に行くと値札がないお店ばかりで、相手は1円でも多く取ろうとしてくる、中には大きい金額まで取ろうとする人もいます。しかし、それを自分は阻止したいし1円でも安くしたい。自分は相手と交渉する事によって予算よりも安い価格で取引をしました!この「交渉」も旅の目的の1つとして行なっていました!なので営業に関しては会社の利益を1円でも多くもたらすことができます!

 

 

自分の体験談に置き換えて説明すると、他の人よりインパクトがあるので興味を持ってもらう可能性は格段に上がります!

 

 

「伝えた」より「伝え方」です!

 

説得より納得してもらうことが大切なことです。

 

説得は、相手から同意ではなく自分が積極的に相手にYESを言わせるまでの過程です。

 

納得の場合は、自分が何かについて話した上で共感してくれて相手側から同意を得ることです。

 

これらができている人はメディアなどに出ても他の人より価値が出せて、人気が出ています!

 

まずは体験談が無い人は自分ができる範囲でいいのでやってみてください!

                          

 

 

自己分析をして自分を知れ! 

 

 

 

学校に行っていれば1度は自己分析をするでしょう。しかし、学校でやる自己分析は基本的なことです。

 

 

あなたは責任感が強く◯◯系の職に向いてるでしょう。的な感じです。

 

 

本気で自己分析をするのならば、

まず自分と真剣に向き合うことができる場所に行くことです!

 

それがビーチでも、森でも、カフェでもどこでも大丈夫です!自分が1番集中できる場所に行くことで自分という人間を徹底的に追求することができる。

 

 

 

自己分析にも何通りもやり方はあります。

 

自分がやっている自己分析は、この上の写真の方法です。

 

まず左側からです。最初に自分の何をやりたいのか、何になりたいのか「目標」を出します。

 

 

そして原点(現在の自分)を出します。

その目標まで何が必要かを出す方法を「逆算的思考」です。

 

 

その次に右側、自分が目標地点い行くまでに必要なことはわかりましたが、

 

 

その途中で何を得ることができるのか、

 

 

そこから新しい何かに繋げることができるのかと、

 

 

もっと自分に可能性を広げていく必要があります。

 

 

 

これを「イノベーション的思考」と呼んでいます。

 

 

 

この2つの思考法を使うことで、自分に足りない物事を分析できて、新しい物事を発見することもできる便利な分析方法です!

自分を掘り下げる事を繰り返してください!

 

 

自分が考えれる時点では自分の固定概念です。

それをもっと広げていければ、今まで普通じゃなかった事も普通になり可能性が広がっていくでしょう!

 

 

 

自身の伝え方、自己体験をエピソードに、自己分析の3つは人生を生きる中で、人と関わるなかで絶対に必要になります!

今できる時にやっておかないと、30代、40代からでは遅いと僕は思っています!

 

20歳から30歳までに得た経験は、それ以降の人生の基盤になると考えています。

 

 

今日しかできないことを自分で見つけ出していきましょう!

 

 

「時間は有限!」だと言うことを忘れずに!

 

 

 

 

 

 

}