Nori@フリーすぎる旅人

Nori blogでは、1人でも多くの人に勇気や力になれる記事を書いていきます。社会的な悩みやお金についてなどの解決策、自分の夢へのフォーカスの仕方などのいろんなトピックについて書いていきます!ブログだけでなくSNSなどでも発信してるのでよかったらフォローお願いします!!

安定がない社会で副業をやるべきなのか??

 

 

 

 

 

会社で働きながら副業をすることが認められるのか。

 

 

 

副業解禁に向けた政府の動きや、解禁している企業の影響もあり「副業」を考え始めた人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

少ない手元で始められる資産運用や自分のスキルを活かせるクラウドソーシングなど、スマホ1つでもお金を稼ぐことができます。

 

 

 

これから「副業」は本格的に広まり始まるでしょう! 

皆さんは1つベースとした場所で働きながら、副業が許可されたら始めますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

副業の印象

 

 

 

なぜ副業問題をピックアップしたのか??

 

 

日本の企業では副業を禁止する場所が断然多いでしょう、

 

 

最近では、 

経済不況や大手企業の相次ぐ倒産や買収、大量リストラ、長時間労働や、休暇が取れない事などの社会的問題。

 

 

 

今では当たり前にやっている仕事も数年のうちになくなる可能性もあります。

 

 

 

 

その先の収入が見込まれないとなると、他の収入源がほしいと思い本業以外に手を出すこと、自然な流れかもしれません。

 

 

 

 

今の時代は収入が1つのだと厳しくなります。

 

 

 

 

こうした社会的不安から、本業以外の収入源で、もしものときに備えたいという思いが、副業へと向かわせているようです。

 

 

 

 

元々の日本社会の背景でも同じことを言えるでしょう。

ほとんどの人は新卒から定年退職まで同じ会社に一生を尽くすことが主流ならば当然だろうと言わんばかりの理由です。

 

  

 

 

会社に入って自己のスキルアップを図って自らが稼ぐ意思を設定させないようにコントロールしているのが日本の企業の大半以上なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

もし副業で稼げるのなら、会社勤めを卒業しても問題ないのですから、

そうした場合に企業側からすると不利になるのは間違いありませんから副業を許可することは認めないのが妥当でしょう。

 

 

 

日本が少し前の時代から誇る内向的社会のおかげですね。笑

 

 

 

しかし、最近では副業をする人が増えて来ています。

ネットが普及されてアフィリエイトなどを副業で始めたり、勤めている会社で得たスキルでお金を稼ぐ人や本業とは全く違う事をやっているも増えているとのこと。

 

 

 

少額投資、または0円からでもできるビジネスがネットビジネスだけに関わらず、

最近ではシェアリングエコノミービジネスなどが主です。

 

 

 

 

副業で月に2,3万円の収入が入ってくるだけでも、生活に大きな影響を与えることができるでしょう。

 

 

 

副業を始める理由も、終身雇用制や年金の事を考えて今からでも老後の生活のお金を稼ぐ人も少なくないです。

 

 

 

終身雇用制崩壊後は副業がマストにな時代になる!

 

 

 

「副業」というもの無視することはできない状況になってきているようだ。

 

 

 

 

「収入面」からも「スキルアップ」という面からも、終身雇用制が崩壊した現在ではマストな生き方であるといえるのかもしれない。

 

 

 

また、収入に余裕のある人はお金を稼ぐのは本業で、楽しむのは副業、という生き方もあるかもしれない。いずれにしても、これからはわたしたちが生きていくうえで「副業」を避けて通れない時代となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副業は稼げる??

 

 

 

副業で稼げるようになるもの業種によってかかる期間は全く違うことは確かです。

 

 

 

副業月に20〜30万円稼げるようになってしまえば、

副業を本業にして、副業を娯楽にすることができます!

会社勤めよりは確実に時間が増えるのは間違いありません。

 

 

 

しかし、会社で副業で解禁されても、副業が禁止されてたから稼げなかったという人は少ないはずですし、副業ができるようになったからって誰もが稼げるわけはありません。

 

 


解禁されても稼げない人は稼げないから解禁の有無に関わらず、

普段から「どうやったら稼げるのか?」という思考を回しておくのが大事。

 

 

 

副業の解禁を望むよりもお金を稼ぐ能力を求めて行動するのが良いと思います、お金を稼ぐごとだけに囚われず、お金を稼げるのは何が必要なのかしっかり考えてやるのが大事です。

 

 

 

企業以外で仕事をすることは、個人の力で仕事をしなければならないということです。より報酬の高い仕事を得るためには、個人の力を高める必要があります。結果、おのずと従業員のスキルが上がり、本業で務めている会社自体によい影響を与える可能性があります。

 

 

 

副業は企業と違い、財務や営業・広報など、何もかも自分で行わなくてはなりません。

 

 

 

自然と経営に対する意識が高まり、経営者として物事を考えられるようになるでしょう。自分で稼げるスキルが手に入ったら、時間をどれだけ自分のことに使えるかが次の課題でしょう!

 

 

     

 

 

 

・「時間がない」はただの言い訳

 

 

 

 

現在、国会では働き方改革関連法案」の審議が活発に行われていて、

これまで厚労省が示してきたモデル就業規則では、会社員の副業を禁止していました。しかし、2018年1月にはこれらが見直され、副業・兼業を後押ししようという動きが強まっています!

 

 

 

自分がやりたい事を副業だけに関わらず、本業でも獲得できる選択権が増えてきたのは間違いない。

 

 

 

しかし、「やりたいことがない」・「時間がない」・「何をやっても良いのかわからない」なんて言ってる人はただの「逃げ」に徹底してる人です。

 

 

 

「時間がない」に関しては時間を作れ!と言われるのが、

やっている人からの意見だろう。あなたが「自分は頑張って仕事してる」なんて思っているあなたはただの勘違いで、あなたよりやっている人、倍の仕事をこなしてますよ。

 

 

 

基盤を作るまでは1番大変で1番頑張らないといけない部分というのは、やっている人なら誰もがわかっていることだから寝る間を割いてでもやる。

 

 

 

人と比べるのは良くないというが、比べても良い部分もあるはずだ。

 

 

他人と比べることができないのは自分の殻に閉じこもっている、

自分を否定してる裏返しの言葉になる。

 

 

 

「時間はお金で買える。」

 

 

 

ホリエモンが過去に言ってた言葉です、

「満員電車に乗るならお金を払ってでもタクシーに乗れば作業をする時間がある。」

 

 

彼のクラスになると、タクシー代を払ったお金をタクシーに乗ってる時間でその値段より稼ぐことができると思うから言った言葉だと思います。

 

 

ストイックにやっている人は時間の使い方をコントロール出来るように、

自分で1日にやることのプランを振り分けてます!

 

 

 

時間は世界の誰も持って生まれた共通のものだからそれをそれだけ活かすことができるのかが肝心なのでしょう。 

 

 

 

「時間がない」は時間の使い方が下手な人の言い訳にすぎないのです。

 

 

 

 

 「やりたいことが見つからない」のは見つけようとしない、考えていない人のこと。

会社でダラダラ働いていたところで意味はないが、そのことについては何も思わないこと、自分がやっている事について疑問を持たないのが問題。

 

 

自分の人生に疑問が持てない人間は、いわゆる「一般」の道がお似合いなのかもしれません。 

 

 

自分のスキルを磨く向上心を持たないと稼ぐまでの道で一生終えてしまう可能性があり、自分の意識を変えることは今の環境から抜け出して違う環境に行うことです。

     

 

 

 

 

 

 

 

自分で稼ぐは自分の成長

 

 

 

 

最後に、、、

自分で稼げるのは経営能力だけではなく、自己管理も能力も上がるでしょう。

 

 

 

副業でお金が管理をするというのは自分の生活で使うお金も含まれているので、生きていく上で自分にニーズがあるものは手にいれて、不必要なものはカットしていける自分を創りあげれるでしょう。

 

 

 

会社で学べないことも当然あるででしょうし、何より副業は自分でコントロール出来るので、休みは自分で調整できるから仕事をしない分はお金が入ってこない。

 

 

 

何が起こっても自己責任ということになります。

 

 

 

そういう意味で「副業」は良い経験ができて自己スキルの成長にも繋がるツールになるでしょう! 

 

 

副業で稼げるようになることを目指し「本業」にすること!

 

そうすれば新しい副業が始めれる。または自分の好きなことができるようになります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

}