Nori@フリーすぎる旅人

Nori blogでは、1人でも多くの人に勇気や力になれる記事を書いていきます。社会的な悩みやお金についてなどの解決策、自分の夢へのフォーカスの仕方などのいろんなトピックについて書いていきます!ブログだけでなくSNSなどでも発信してるのでよかったらフォローお願いします!!

無謀な挑戦から何が生まれるのか!?!〜5日間のチャリ旅〜

 

 

 

 

 

こんにちは!Noriです!

 

 

 

最近ブログを全くアップできてなかったのには理由という言い訳があります。。。笑

 

 

大阪の時にパソコンが壊れて福岡に着いてから直したので1週間くらい更新できませんでした、、、泣

 

 

 

もう1つが本命で、

twiiterでNori@貧乏バックパッカーをフォローしてる方なら知ってると思うんですが、

 

 

 

「7/15~20の間、東京から福岡まで自転車で横断してました!」

 

 

 

「チャリ旅です!!」

 

 

 

 

もう本当にしんどくて、自転車を漕ぎ始めて4時間くらいでチャリを投げ捨てたくなりました。

 

 

 

友達には「自転車で行ったる!!」って言いふらしてたので、途中でやめてしまったら「やっぱりな。」ってなってしまうのが目に見えてたので気合で福岡まで到着しました。

 

 

 

 

.................急いだチャリ旅は本当にオススメしないです。笑

 

 

 

 

 

約5日でほぼ寝ないで自転車を漕いでたのでずっと息切れと「キツイ」と声に出してましたね。それに、自転車を漕いでるだけだったので出会いも何もない。笑

 

 

 

大阪で1日休んだだけで足も充分に休まずで再出発。

 

 

無事に到着ーーー!!

f:id:nori0205:20180727110214j:plain

おかげさまで熱中症などになることはありませんでした!

 

 

 

こんな無謀なトライに何が意味があるのか、何を感じるのか、を今日は語っていきやす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車旅で感じたこと

 

 

 

 

Time is money

 

 

 

 

地元の町田から出発して4時間くらいが経った時に気づいたことがあります。

 

 

公共交通機関ならもう福岡に着いてることに。。

 

 

 

福岡まで新幹線を使えば約4時間、飛行機だと1時間くらい、夜行バスでも半日くらい、自転車だと何日かかるのか。。

 

 

ネガティブな思考になってしまったが、実際のところを考えると時間はお金で買っている人はスマートな事だと。

 

 

 

 

例えば、飛行機でファーストクラスをとる人は、のんびりできるからという理由の人ももちろんいるが、移動時間でも仕事をするために時間を高いお金で買って働く理由が何故か共感できた。その時間でファーストクラスの値段以上に稼ぐのかな~~??

 

 

 

 

「時間は有限。」

 

 

 

 

時間に余裕がない時には時間は買うことを何よりも優先するべき。

 

 

 

お金は増やすことができるけど時間は増やすことができない、現状を把握して、今は何が必要なのかをまとめるとより効率が良くなりますね!!

 

 

 

、、、、、、と箱根の坂を登っている時に改めて学べましたね。笑

 

 

 

 

 

 

「続ける」ことの辛さ。

 

 

 

 

 

自分が自転車を漕いでたのは中の1日を除いて約4日。

 

 

 

たったの4日間自転車を漕ぎ続けるのがすごい大変だった。カンカン照りの中ひたすら自転車を漕いで、当然のように車に追い越されて速いな~、乗らせてくらないかな~なんて福岡に着くまで何回思ったことか。笑

 

 

 

この4日間だけで何故こんなにキツかったのか振り返ってみると、ずっと集中して漕ぎ続けていたからかもしれない。

 

 

 

「持続」の中にもたくさんの持続させるやり方が分かれている。

手を抜かないでやり始めたら終わるまで常に全力の「持続」、ゆっくり自分のペースで続ける「持続」、続けるが集中力がすぎ切れてしまい違うことをし始めてかなりの時間をかける「持続」。

 

 

 

 

人によって「持続」の質がに全く違う。

常に全力でやり続ける人は、多大な時間をかけてやるより成功の表れが早いし、背中が見えなくなるくらい遠くにいる。

 

 

 

 

物事に全力で集中してやる時にほとんどの人が長続きはしないで、休憩やそこでストップしてしまう。自分も短期で集中する力を持続させるのは難しい部類ですが、今回はその短期集中を14~16時間行っていました。

 

 

 

集中力を常に持続するのは難しい。。

 

 

 

特に、自転車の選手だったり、トレーニングをしてきたわけではないです。自転車を漕ぐペース、適性のギア、呼吸の意識などを自分の体を当然自分で管理しながら何がベストかを探していました。

 

 

 

心の中で、自転車を漕ぐことだけに関わらず他の事でも全力で続けることは相当意識しないといけないのと、改善するための哲学は変わらないということ。

 

 

 

常に自分がどこに行きたいか、何を目的にして行動することが成長につながる。

 

f:id:nori0205:20180727105414j:plain

兵庫の神戸港



 

 

 

自分の限界地点

 

 

 

 

 

自転車を漕いでていて自分の限界はどこにあるのか。

 

 

キツイ時に、「あーーー~、キッツい!!」っと思った瞬間にストップしてしまうことが多いですよね??

 

 

その時に自分の限界地点だと思ってしまう人も少なくないと思います。

 

 

 

「そこはお前の限界地点じゃない!!!」

 

 

 

限界なんてそうそう来るものではないということです。

 

 

 

自転車で箱根や山口の峠を漕いでる時に何回も諦めようとしました。なぜなら「限界」だと思ってたからです。それ以外にも、大阪から休憩時間は含むものの30時間自転車を漕ぎ続けました。

 

 

 

峠同様に、「限界」という文字が頭に入ってくるくらいでした。

 

 

 

自分が思う「限界」とは、意識が飛んだら限界なんだな~と思います。笑

 

 

 

この4日では毎日16時間以上は自転車を漕いでましたが、ゴールした時には実は「まだ進める!」って思ってました。

 

 

 

つまり、

自分の限界地点を自分で作ってしまうことが多く、実際のところはがまた上に行くことができるんです!!

 

 

 

そのくらい自分を追い込むことが限界への入り口だと思っていて、

 

 

「常に前に、前に」を考えている人達がやっていること。

 

 

すごい勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

トライすることで何が生まれるか?

 

 

 

今回のチャリ旅は自分でも言えるくらい無謀な挑戦と言えました。笑

 

 

ゴールするまでは何の感情も生まれませんでした。

 

 

「暑い」・「きつい」

 

 

これだけ。笑

 

 

そもそもチャリ旅を始めた理由としては、

前回福岡に滞在していた時には、期限付きで東京までヒッチハイクをしていたんですが、タイムリミットが来てしまい多さからはバスになってしまったので心残りができてしまったのと、達成感が欲しかったのが主な理由です。

 

 

 

今回の福岡に着くのに、

「忍耐強さ」「生きていく力」「持続力」が得られたと共に相当鍛えられました。

 

 

とにかく進まないことにはゴールにはたどり着くことはできませんでした。

 

 

自分との勝負でこの約5日で自分と向き合うことができました、

 

 

やりたくないと嘆いても続けることを選んだのには「意地」しかなかったからで、5日で東京から福岡まで自転車で行く人も方が少ないからあえて選んだと言うべきです!

 

 

 

そこにはどんな感情が生まれるのか、ただそれだけを求めて漕ぎ続けました。

 

 

 

 

 

「キツイことを自分に叩き込め!」

 

 

 

 

キツイことを経験しなければならないということは絶対にない。

ただかっこいいから、注目されるからって理由でやるのも良い。実際に自分も注目されたいと思う気持ちもすごいある、本当のところはキツイことは後に笑い話やネタになるんですよ。

 

 

 

その時から成長しているからこそ前のきつかったことが笑いながら話すことができて酒のつまみになるんでしょうね。

 

 

 

ほとんどの人がやらないバカな企画、おもしろいことを何歳になっても人に言えるような経験を積んでいきたいとチャリ旅を通して学びました。

 

 

 

 

そして、遂にゴールした時には「達成感」があふれ出ましたね!

 

 

 

その時、足は動かないのに「まだできる」と心の隅では思ってました。笑

 

 

 

着いてすぐに次の挑戦は何にするかという話をしましたね!笑

 

 

身体を動かす以外にも何か違うプロジェクト考えてそれをやるのもありですね!

 

 

もし何か良い案があったら自分に提案お願いします!!!

 

 

 

 

 

 

 

大阪で出会ったホームレス大学生

 

 

 

大阪でおもしろい人に出会った。

 

 

 

「ホームレス大学生ともや」

 

f:id:nori0205:20180727105020j:plain

(左の彼がホームレス大学生ともや)

彼が気になる方は下にTwiiter,InstagramのURLを貼っとくので見てください。

Twitter:http://@Tomyan1006 ‏

Instagram:http://Instagram.com/tomoya1006smile

 

 

 

彼もまた旅人で大学に通いながら路上でバーをやったり、色んな挑戦をしている幅広いコミュニティを持つ男だった。

 

 

 

「何だこいつ??」というよりは面白さに引かれてずっと話して、

 

 

彼がホームレス生活で泊まっていた友達の家にも泊めてもらった。笑

 

 

自分の2個下には思えないくらいの行動力や考え方が自分にも伝染してきてすごい良い刺激になった。また違う人種に出会えたことはチャリ旅のおかげ。

 

 

 

チャリ旅の途中で他にも出会った人はたくさんいるが、

 

 

今回のMVPは「ホームレス大学生ともや」だった。

 

 

 

率直に、旅人は変な奴が多い、変わり者くらいがちょうど良くて心地良い。

 

 

 

路上バーは自分もネパールでやったことがあるが、日本ではないから今度やってみようかな。。。笑

 

 

 

改めてもっと多くの人と出会ってたくさんの発想を出して実行していかなければならないことを感じた。

 

 

 

心の底から感謝をしたい。

 

 

何かの挑戦をどんな形でも良いからやってみることが大事なことに改めて気づかされました。

 

 

 

小さい、大きいは関係なく、自分ができること、やりたいことを素直にやればいい!!

 

 

 

 

 

 

}