Nori@フリーすぎる旅人

Nori blogでは、1人でも多くの人に勇気や力になれる記事を書いていきます。社会的な悩みやお金についてなどの解決策、自分の夢へのフォーカスの仕方などのいろんなトピックについて書いていきます!ブログだけでなくSNSなどでも発信してるのでよかったらフォローお願いします!!

「やりたいこと」だと質が高まる理由。

 

 

 

おいっす〜〜!Noriです😉

twitter.com

 

 

やっと50記事を更新できて、残り半分になりました⤴︎⤴︎

 

 

100記事書いてもブログを辞める気はないかな〜〜、むしろ、そこからがやっとスタートって感じですな!

 

 

約3ヶ月ブログをサボっていたので、その期間は後悔しましたが、過ぎたことはしょうがない!ペースを上げて10月には終わるくらいにしたいですね〜〜

 

 

9月の頭からは福岡市早良区というところで民泊スタイルで宿泊施設をオープンします!

f:id:nori0205:20180818163027j:plain

こんな感じです!ホームページは、ほぼ完成でもう少しでアップできるので、後日ブログの方にもアップしたいと思います!

 

 

他にも学生など、若者を集ってNPOや、ネパールの教育支援なども計画中です!まだまだいろんな企画を考え中です!

 

 

 

さて、今日の記事のトピックは、

 

「やりたいこと」だと質が高まる理由について!

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の労働生産性

 

 

 

 

初めに、みなさん「日本の労働生産性」についてご存知ですか??

 

 

 

日本人の労働生産性が先進国の中で20年連続最下位であることから、政府主導で働き方を見直す取り組みを行うようになってきました。そのため、ワークライフバランスの充実と業務の生産性を上げる目的で、社員の定時退社を促す会社が少しずつ増えてきています。しかし、定時で退社できればいい訳ではないです。仕事をするに当たって、帰る時間ではなく、生産性を出して質の高い時間を過ごし続ける事が大事なのです。

 

 

 

 

一言でまとめると、「働き方が下手くそ」ということですね。

 

 

 

 

それにも、国が抱える問題の「女性労働者」や「少子高齢化」が関わっていて、日本のGDPが日本より働く時間が短いフランスと比べてもほぼ同率。

 

 

 

 

日本は、専業主婦がだいぶ前から浸透しています。「男性が稼いで、女性は家事」みたいな宗風があることから働くバランスなどが釣り合わなずに、職業にもよりますが負担がかかる職場もあるということです。

 

 

 

 

これからは、人手不足の問題は外国労働者参入や、AIの導入により、少しはマシになるでしょう。しかし、これだけでは安心できません!

 

 

 

 

生産性の話だけなので、日本の抱える問題が気になる方は下記の記事へ👇👇

 

www.norilife.online

 

 

 

 

 

「やりたいこと」は質が高まる!

 

 

 

 

 

「やりたいこと」だと質は必然と良くなってくる。このレベルでやっている人は自分のコントロールができるだろうし、何をやるのかを先のビジョンまで見えているでしょう。「やりたいこと」を「ただやるだけでない」ということ。自分のレベルを上げることを追求しなければならない。

 

 

 

 

目的が明確なことが、仕事の生産性や、仕事効率化について考えることができる。理由はなんであれ、自分を追い込むことを自身でできることが成長をさせるスピードははやい。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、自分自身を高めなければいけない。

 

 

 

他人に言われたところで、自分で意識をするよりの伸びはないでしょう。だから自分でやりやすい雰囲気を作ったり、高いモチベーションを維持することが必要。

 

 

 

 

意識が高い人は、日々の質を高めることに徹底してるだろう。

 

 

 

自分に刺激を与える方法を模索して行くべき。自分と向き合う時間は絶対に必要、時間をかけて行うべき。そうすることで自分の視野を右にも左にもシフトすることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きなことは、決してやりたいことではない

f:id:nori0205:20180819111323j:plain

 

 

 

「好きなこと」=「やりたいこと」ではなく、

 

 

「嫌いなこと」=「やりたくないこと」でもない

 

 

 

 

よくわからないこと言ってると思うんですが、繰り返し何回か読めば理解できると思います。「自分の好きなことは、決してやりたいことではない」ということを。

 

 

 

 

なぜ気づいたのかと言うと、

 

 

 

自分はビジネスをする上で、ボランティアは絶対にやらない!って決めていた理由があり、自分が思うボランティア活動は、ありがたいことだけど中途半端なサポートになってしまうから。

 

 

 

しかし、

 

 

現在計画中のいくつかのプロジェクトはボランティア系の仕事をプランニングしている中で、どれだけ長く関わる事ができるのか、問題を解決する事はできるのか、もちろん自分が関わるからには、問題の解決策を自身たちで回せるように考えています。

 

 

 

 

 

さておき、

嫌いなことを自分がやっているということは、「嫌いではない、本当は好きなんだ」 と何回かは思いましたが違かった、このことから「嫌いなこと=やりたくない」ことには直結しない。と解釈した

 

 

 

 

同義語ではなく、やや違う性質の言葉だということに気づいた。

 

www.norilife.online

 

 

「好きだからやりたい」、「嫌いだからやりたくない」は実践して感じるより、他人からの影響で流されているだけの人が多いイメージ。印象的な部分で意識をしすぎているだけではないのかと思う。好きか嫌いかはやってみて判断するべき。

 

 

 

嫌いなことと好きなことは紙一重かも過程である「嫌いなこと」から間接的に何か自分の気が惹かれるものに繋がっている。

 

 

 

好きなことや、やりたいことさえ見つかれば全て上手く行くという幻想がある。 けれど実はそうじゃなくて、それを見つけてからがスタート地点に立ったことになる、そこから楽しくてやりがいのある試行錯誤の道がスタートする。

 

 

 

まずは、嫌いなことでもいいから始めること。

 

www.norilife.online

 

}